​「ハイ!それまでよ!?戦」について

正式な名称は「tombstone」(ツームストーン)戦と呼ばれています

「ツームストーン」は「墓石」のこと。この競技では、それぞれがパープレーの数字に、

自分のハンディキャップを足した数字を「持ちストローク」としてスタートし、

そのストロークを使い果たした時点でプレー終了となります

スタートから最も遠い地点までプレーした者が勝者です

プレーヤーがプレー終了地点に残していく目印を墓標に例えて「ツームストーン」と言われています。

下記のゴルフ用語集にも記載されていますので、参考にしてください

http://golfdigesttv.jp/yougo/091127_tombstone/

例えば、

パー72のコースで、ハンディキャップ18のプレーヤーが この競技を行う場合

このプレーヤーの「持ち打数」は(72+18=)90となります。

このプレーヤーが第90ストローク目に18番ホールのピンに3メートル寄せたとすると

“18番ホール、ピンから3メートル”というのがこのプレーヤーの成績になります。

もし、18番をホールアウトしてまだ持ち打数が残っていれば、また1番ホールから打っていき

“19番ホール、ティから200ヤード”という立派な成績になります。

当会では、19番ホールには進まず残りの持ち打数で順位を決めます

(友の会実施概要)

1.スタート時に参加者各人に氏名・HDCP・持ち打数を記入した赤い小旗と専用のスコアカードをお渡しします

2.持ち打数(規定打数)を打ったボールが到達した地点に小旗に必要事項を記入の上立ててください

3.規定打数までの残り打数をわかりやすくするため専用のスコアカードをご利用ください

4.規定打数を打ったあとも最終ホールまで通常通りプレーを続けてください